桑名藩、交戦へ

こうして柏崎での交戦が決定付けられた桑名藩。しかし本領とは違い、城もなく、武器も不足している。ひとまずは藩主の身を戦火から避けるべきとの考えから、藩主定敬は同じ越後内の飛び領地の加茂に移った。そして桑名藩兵は以下のように編成、戦闘態勢に入った。

  • 軍事方総裁・服部半蔵
  • 軍事奉行・山脇十左衛門、小寺新五右衛門

  • 一番隊(雷神隊) 隊長・立見鑑三郎  副隊長・富永太兵衛
  • 二番隊(致人隊) 隊長・松浦秀八  副隊長・馬場三九郎
  • 三番隊(神風隊) 隊長・町田老之丞  副隊長・大平九左衛門
  • 大砲隊      師範役組頭・梶川弥左衛門、

  • 使番格師範役・三木十左衛門、首藤金右衛門

    ※ 馬場は後の戦闘で死亡し、代わりは鵜飼次郎となるが、彼も会津若松での戦闘で死亡し、相沢安兵衛が副隊長となる。また大平も死亡、岩瀬恰となった。

  • サイトMENU

    Copyright (C) 2007 鯨波戦争 All Rights Reserved.
    ファンデーション